​コンサルとアドバイザーの違い

 コンサルとアドバイザリーは、どちらも企業にたいして何かしらの助言をする職業です。一見同じように思えますが、実はゴールやそれに対するアプローチが大きく変わります。

​アドバイスの範囲

アドバイザー

コンサルタント

 アプローチするものが一部か、全体か、アドバイスの範囲はアドバイザーのほうが広いものの、行動という視点で言えばコンサルのほうが濃くなる。狭く深くか、広く浅くかの違い。

 アドバイザリーは会社やチームなどの組織そのものにたいしてアドバイ スする。顧問や外部参与といった形式を取ることが多く、内部で大 きな活動や行動を取ることはあまりない。社員との関係は薄めでは あるが、期間は長め。

 コンサルは組織が抱えている特定の問題にたいしてソリューションを 提供。契約した期間内は、内部で行動を共にすることもたびたびあ る。アドバイザリーにくらべて短期的に密な関係になることが多い。

​専門知識の有無

アドバイザー

コンサルタント

 アドバイザリーはコンサルとは少し異なり、もっと戦略的なものだと言 われている。学問的な観点からの知見が欲しければコンサルを、経 験によるものならアドバイザーをという選び方になる。

 コンサルをする方のほとんどは経営上の専門知識を持っている。特 に業務をより効率的なものにするために、IT技術に精通している ケースが多い。ソリューションに合わせて、特定のシステムを販売して いることも多い。

軸となる考え方

アドバイザー

コンサルタント

 アドバイザリーは相手に合わせたアドバイスを行う。

 どちらも経営を改善するためにある仕事だが、その軸となるものが違 う。コンサルは自社のソリューション持っており、それを売り出すことを 目的としている。 自社製品を持っていることもその1つ。そのため、それを認められるよ うプレゼンに重きを置くことが多くなる。

期間で見る効果の大きさ

アドバイザー

コンサルタント

 アドバイザリーは会社そのものに対してアプローチする。特定の課題 に対して直接的な対策を講じることはあまりないが、長期的に人材 や技術を整備される効果がある。

 会社がある特定の問題を抱えているなら、それをダイレクトに解決し てくれるものがコンサル。ただし、契約の範囲外には干渉しないこと ほとんどのため、短期・限定的な効果しかない。