ブルーリンボ
SDGs、ESG支援

 2015年に国連で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は世界的な社会の課題を17分野169のターゲットとして提示しました。

 これを受け国内では2017年に経団連がSociety5.0を通じたSDGsの達成を柱として企業行動憲章を改定し、また政府も2018年に「SDGsアクションプラン2018」を発表しました。

 企業の社会との関係については以前からCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)や環境対応、企業統治(現在はESGとして責任投資の観点で企業価値の尺度としての位置づけに:Environment(環境)、Social(社会)、Governance(統治))などの様々な視点でテーマが採り上げられてきましたが、企業本来の事業活動と社会的課題の解決を明に結びつけるような取り組みの提言は初めてです。

 SDGsは企業にとって2つの側面があります。1つは事業活動が課題に抵触しているリスクによる新たな対応と負担が生じるマイナスの影響、もう一つはイノベーションや成長の機会、新製品やサービスの開発などで企業の進化につながるプラスの影響です。またESG投資が注目され企業財務への中長期的な影響も現れ始めています。

 ナレッジピースでは、SDGsやESGへの取り組みを成長機会と捉え、お客様の事業活動と17分野のいずれかの課題解決に向けた展開を的確に結び付け、お客様企業の進化と社会貢献に寄与する施策や事業計画の立案を支援します。

サービス内容
名称未設定-1.png
2.png

SDGsやESGについての社内啓発の支援

2.png

SDGsの意義、企業活動における活用の考え方、取り組み支援

2.png

環境対応や内部統制など企業統治についての取り組み方法

2.png

プロジェクトの計画や推進などの支援

価格の⽬安
名称未設定-1.png

2名体制で月20万円

(2名トータルで、⽉10Hを⽬安に活動いたします)

主なアドバイザーの紹介
名称未設定-1.png
kp_omura.jpg

エグゼクティブアドバイザー

小村 元

松下香織.jpg

シニアアドバイザー

松下 香織